日本能率協会 公式視察団
シリコンバレーとの連携を探究する

日本能率協会では産業界活性化事業の一環として、30年以上にわたり各国への視察団を主催しています。

この秋JMA事務局では、「Silicon Valley-New Japan Summit公式視察団」を開催することになりました。シリコンバレーと日本をつなぐオープンイノベーションサミット「Silicon Valley-New Japan Summit」に参加、現地企業訪問および有識者による講演を実施します。

現地スタートアップと日本企業の連携事例や各社ピッチを直接確認し、自社の業種や方向性にマッチする協業やシリコンバレー活用について模索できます。

詳細はこちらから

プの⽇本展開に貢献します。

【視察団訪問先が確定しました】

2017年11月30日(木)

Takeoff Point
準備中

Plug & Play
この数年間で2000以上のスタートアップを支援する世界最大のテクノロジーアクセラレーター兼投資家。Googleもここから巣立ったことで有名。
ベンチャー企業に必要なオフィススペースや投資家としてだけでなく、スタートアップに必要な周辺支援業務も充実させている。

2017年12月1日(金)

TESLA
世界的に注目を集める電気自動車の開発・製造・販売を手掛ける、シリコンバレーを拠点とする自動車会社。イーロン・マスクCEOの強いリーダーシップのもと、自動運転など新技術の導入に対する貪欲な姿勢において世界の技術革新をけん引している。

SAP
ビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業。「イノベーションのマニュアル」として注目を集めるデザイン思考が、
従業員のフィロソフィーとなるほどに昇華されているデザイン思考の先進企業。

SoftBank
2013年の米Sprint社買収に伴い、スマートフォン端末の調達規模の拡大や端末開発メーカーとの円滑なビジネスのために開設された拠点のひとつ。
近年シリコンバレーの大型投資案件の多くに参加し、競争の激しいビジネス・アプリ市場においてその存在感を示している。

「Silicon Valley - New Japan Summit」
2017シリコンバレー開催のご案内

「Silicon Valley - New Japan Summit」は、シリコンバレーと日本をつなぐオープンイノベーションサミットです。
シリコンバレーで活躍するスピーカーを招待し、オープンイノベーションの最新情報や日米企業の連携事例などのトークセッション、米スタートアップによるピッチを開催。
本サミットを通じて、日本企業のオープンイノベーションの促進、シリコンバレースタートアップの日本展開に貢献します。

詳細はこちら

日本企業と米スタートアップが
出会いコラボレーションを生み出す場

日米コラボレーションに特化

「米国と日本企業のコラボレーション」に特化したBtoBイベント

有望スタートアップとの商談

アジア展開が現実的なシリーズB以降の有望スタートアップが参加

招待参加者とのネットワーキング

招待有料制として開催することで、イベントのクオリティを担保

【無料講演レポート】「シリコンバレー発テクノロジーの新潮流 日本企業はどうする?」

Silicon Valley – New Japan Summit 2017 Silicon Valleyを主催しているスタンフォード大学 櫛田氏の講演プレゼン資料および講演録を希望者へプレゼントいたします。

ダウンロードはこちらから