【講演レポート】スタンフォード大学 櫛田健児氏④

Silicon Valley-New Japan Summit公式視察団

アルゴリズム革命の衝撃とシリコンバレー:ディスラプションを起こし続ける経済圏 ④

スタンフォード大学 アジア太平洋研究所リサーチアソシエート
櫛田健児 氏

変革の流れを侮ってはいけない

ディスラプション(崩壊)の流れを過小評価したCEOが、例えば「Googleは本当の会社ではない。ハッタリだ」というようなことを言っていた時期もありました。iPhoneについては「500ドルなんて高いし、キーボードもないからメールも打てないし、ビジネスユーザーに不向きだ」と、言っていたCEOもいました。

しかし結果は、それら新しいものの登場を甘く見ていたら市場を根底から覆すような流れになっていった。「ネットフリックスなんて我々の競争の眼中にない」と言っていた人も、当時から眼中に入れいてたほうがよかったと思います。

ブロックバスターはこのあと潰れました。今マーケットシェア0のモトローラの当時CEOは当時、iPadのことを揶揄して「1,000曲なんて聞く人いない。そんなものはいらない」と言っていました。

このようにみんなディスラプト(崩壊)されているのです。

ところで、シリコンバレー企業はアメリカのトップはもちろんのこと、世界のトップの時価総額であり、時価総額は株価が暴落したら落ちますよね。しかし、現金保有で世界のトップ20社ぐらい見ると、それもまたその半数以上がシリコンバレーの会社なのです。

世界で1番キャッシュを保有している会社はAppleで、3番目ぐらいがGoogleです。

本当のバリューはシリコンバレーから生まれているのです。

この間Amazonがホールフーズというかなりハイエンドのスーパーチェーンを買ったんですけれども、日経新聞の見出しでは「ネット企業からリアルへ」などとなっていました。ネット企業っていう考え方もちょっとどうかなと思いました。AmazonGoogleMicrosoftというのは巨大設備投資の上に成り立っている企業です。

彼らのデータセンターは11千億円以上を軽く超えています。そのデータセンターを2桁台世界中持っているわけです。ネットというイメージで軽い、と思っていたら大間違いで、重厚な設備投資のうえに成り立っている企業なのです。

世界で最も多くコンピュータを製造しているのはGoogleです。

Googleが自社のデータセンター内にコンピュータをアッセンブリーし、最近では半導体まで設計しています。

AIに向けたCPUのことですが、そういうものまで設計していますし、Appleも自前のiPad用の半導体を設計しています。優秀な半導体エンジニアをちゃんと自社で持っているわけです。

これからのAI革命については、日本しばらくいて気になったのが、バズワードとして語られることが多くなっていることです。IoTFinTech・ブロックチェーン・AI・シェアリングエコノミー・プラットフォーム・クラウドコンピューティング・エッジコンピューティングなどいろいろありますが、現在はAIがバズってます。

バズワードになっていと、本質が見えなくなる恐れがあります。

例えば今何かのサービスを売ろうと思ったら「我々はAIで分析しています」などと謳います。何かを分析するのだったら「AIで」というのを入れないと売れないわけですね。例えば「AIじゃないんですけど普通のアルゴリズムでものすごくよく分析できています」と言っても「AIで」とやらないとマーケティング的にはダメなのです。

そうなると今度は、AIという名前自体が「どうっていうことない。こんなものなのか」や「AIってそんなに大したことじゃないのではないか?」という風になっていくのです。

そこの怖いところは、本当のAIの力というものが、AIというラベルのついたマーケティングの都合によって、本質とかけ離れた解釈をされてしまうという危険があります。本質が見逃されてしまうのです。

そうすると本当のAIの時代がやってくるときに、本質を理解していなかったがために、全てを持っていかれてしまう危険性があります。

あともう1つ、見えにくい文脈としてAIがなぜ今のタイミングで急速に発展して、これからどのように改革を起こそうとしているのか、という流れがあまり理解されていません。機械が人を超えてターミネーターの世界になってしまうのか、すべての問題をAIが解決してくれる、これも普通に考えたらありえないんじゃないのというように、両極端な議論が目立ち、地に足がついた議論があまりされていません。

講演時のプレゼン資料は下記よりダウンロード頂けます。
https://event.jma.or.jp/algorithm_revolution

関連記事一覧