【特別講演会】ドイツIndustrie4.0と生産性向上を考える

ものづくり革新ドイツ視察団, ハノーバーメッセ公式プログラム

2014年にindustrie 4.0 がドイツから発信されて4年、
その動きは、そのコンセプトや手法は世界的な潮流として、
産業界を中心に革新が相次いでいます。

しかしながら、idustrie 4.0は産業界のデジタル化のみを
目的としたものではありません。

現在、製造現場のIoT化、ビッグデータ分析と活用、AI技術の
浸透など、先端テクノロジーばかりが注目されていますが、
その根底にある思想は、

「人と社会を豊かにすること」

広くあまねく人類に寄与する活動として、掲げられたものです。

そこで、注目されるのは、特に日本で注目されている
「ドイツの生産性の高さ」です。

ドイツではindustrie4.0の浸透と同時に、空前の好景気、
時短に伴う、Quality of Life の向上の実現のみならず、
世界トップクラスの国民生産性を誇っています。

日本の産業界で叫ばれる「働き方改革」は、生産性向上に
つながっているでしょうか。

本講演会では、

・industrie4.0本家ドイツの実際と今後の目指すべき方向
・ドイツの生産性の高さと日本産業界の現状と課題

の2つのテーマを掲げ、在日ドイツ人のお二人のスピーカーを
お招きし、産業界に有効な最新情報と、生産性向上のための
考え方や手法について考察する機会を提供します。

詳細はこちら

関連記事一覧