開催概要

2020 GOOD FACTORY賞 受賞企業視察団 in 上海

  • HOME
  • 視察ツアー概要
名  称 :
2020 GOOD FACTORY賞 受賞企業視察団 in 上海
期  間 :
2020年3月15日(日)~19日(木)4泊5日
訪問国  :
中国・上海
団  長:
株式会社ジェイテクト アドバイザー 新美 篤志氏
コーディネーター:
株式会社日本能率協会コンサルティング シニアコンサルタント 石田 秀夫氏
(GOOD FACTORY賞審査委員)
訪問会社:
  • オムロン
  • 花王
  • ダイキン工業(2拠点)
  • パナソニック

以上、日系現地企業3社

GOOD FACTORY賞とは

この表彰制度は、国内外を問わず各地域で工場の生産性向上、品質向上をはじめ様々な体質革新活動へ取り組まれている事例に着目し、そのプロセスや成功要因、現場の知恵、働く方々の意識改革、社会的貢献などの内容を幅広く取り上げ、その成果を日本製造業の範として顕彰させていただくものです。
GOOD FACTORY賞とは、これらの表彰制度の総称です。

ものづくり
プロセス革新賞
1

ものづくり
人材育成貢献賞
2

IE改善、ITの適用、品質保証、工程改善、SCM改善、JIT、調達革新、物流革新、自動化など工場・事業所の”ものづくりプロセス”が総合的に改善・強化されている内容を表彰します。 全員参加の改善活動、技能伝承、能力開発への取り組み、従業員育成、など質の高いものづくりを実現するための”人材育成”に組織的に取り組まれている内容を表彰します。

ものづくり
CSR貢献賞
3

ファクトリー
マネジメント賞
4

CSR、環境対応、省エネ、福利厚生、地域社会との結びつきなど、ものづくりを側面から支える”CSR”に積極的に取り組まれている内容を表彰します。 1〜3の範疇での個別の内容ではなく、総合的に”工場運営”のレベルが高く、全体にバランスの取れた”工場運営”の良さ、といった内容を表彰します。

対象となる方

  1. GOOD FACTORY賞受賞企業を現地現物で視察したい方
  2. 現在の中国における生産事情とこれからの動向について感心のある方
  3. グローバルな生産の推進計画策定を担当されておられる方
  4. 現在海外現地法人に管理者として赴任されている方
  5. 海外現地法人のマネジメント指導・改善業務に携わっておられる方
  6. 将来海外現地法人の管理者として赴任する予定の方
  7. 今後アジア地域での生産戦略を策定される方

ねらい

  1. 中国 国内においてGOOD FACTORY賞を受賞している日系の現地法人に伺い直接幹部の話を聞くとともに現場を視察し、「優れた工場運営のマネジメント」活動の実態を肌で感じていただきます。
  2. 海外生産拠点固有の悩み、課題を解決するための知恵、工夫を共有します。
  3. 先人の優れた拠点運営や、ものづくりを側面から支える人材育成等の取組に学ぶことで、将来課題が発生した際の対処法の習慣やその予見につなげます。また、相互ディスカッションから新しい考え方を発見する機会とします。
  4. GOOD FACTORY賞受賞企業のマネジメントの実態を学ぶことによりグローバルに通用する管理者・スタッフの育成のあり方について議論できる機会とします。
  5. GOODFACTORY賞受賞企業の生産の実態を学ぶことにより、これからの日本国内生産の目指すべき方向について議論できる機会とします。
  6. 参加者同士の相互啓発とネットワークの構築を図ります。

現地訪問日程(予定):会社名は現地正式会社名とは異なります。

現在下記日程にて視察団を予定しております。

日数月/日発着地/都市名行動予定(時間は現地時間)宿泊地
13/15(日)羽田空港
⇒上海虹橋国際空港

空港⇒ホテル
(専用バス)
9:15
羽田空港発

11:45
上海虹橋空港着
着後、空港⇒ホテルへ。
着後オリエンテーション

(JL81)
上海市内ホテル
23/16(月)上海近郊
(専用バス)
9:30~12:00
企業視察①
花王/上海花王
(サニタリー用品製造)
◇2019ファクトリーマネジメント賞受賞

13:30~16:00
企業視察②   
オムロン/欧姆龙(上海)
(エアコン用圧縮機および関連製品)
◇2019ファクトリーマネジメント賞受賞
上海市内ホテル
33/17(火)上海近郊
(専用バス)
9:30~12:00
企業視察③
ダイキン工業/大金空調(上海)
(家庭用・業務用空調機、および関連製品の製造)
◇2014ファクトリーマネジメント賞受賞

13:30~16:00
企業視察④
ダイキン工業/大金機電設備(蘇州)
(エアコン用圧縮機および関連製品)
◇2017ファクトリーマネジメント賞受賞
上海市内ホテル
43/18(水)上海近郊
(専用バス)
9:30~12:00
企業視察⑤     
パナソニックアプライアンス社/無錫松下冷機
(江蘇省)
(中国国内向け家庭用冷蔵庫の開発・生産
日本、欧州向け家庭用冷蔵庫の生産)
◇2016ものづくり人材育成貢献賞受賞

- 午後ホテル会議室にて視察のまとめ -
上海市内ホテル
53/19(木)上海市内⇒
(専用バス)
上海虹橋国際空港
⇒羽田空港
ホテル発

13:10
上海虹橋国際空港発

16:50
羽田空港着
(JL82)

※現時点の予定です。訪問先により変更が生じる場合がございます。

訪問先概要

(1) 花王/上海花王
2019 ファクトリーマネジメント賞 受賞

■受賞ポイント

  • 上海花王の主要な生産品は高品質なサニタリー製品である。
  • その生産ラインは、花王グループのサニタリー工場のなかでトップクラスの生産性を誇る。
  • 現在、上海花王は人件費高騰や環境規制の強化など他社同様の課題や輸入品の大幅な増加対応、通信販売(EC)の増加、周辺住民に対する住環境への配慮という課題にも直面している中で、掲げる方針は「働く喜びのある現場を作る」であり、ありたい姿は「地域社会と共存する都市型モデル工場」、あるべき姿は「中国における花王の家庭品の主力工場」としている。

■視察ポイント

  • 人財育成や環境保全、他工場との連携、地域との交流など、総合的な工場のマネジメントレベル向上に向けたバランスのとれた活動
  • ISOと個人提案・小集団活動をベースとした、多角的な改善を展開している点。3つ目は、原理原則に忠実な運営の基本の上に成り立っている点が評価に値する。特に、現地管理者層を核とし、事前準備や達成度・有効性確認への強化がされております。
  • 特筆される取り組みに対する説明を伺ったうえで現場を視察いただきます。
①主要事業 :
サニタリー製品、衣料用洗剤、スキンケア製品、化粧品など家庭用品の製造
②設立年月日:
1993年8月
③従業員数 :
502名
④所在地  :
上海市闵行区花王路 333号

(2)オムロン 上海/欧姆龙(上海)
2019 ファクトリーマネジメント賞 受賞

■受賞ポイント

  • オムロン上海の設立は、2005年となっているが、1994年生産開始のコントローラー生産会社、1995年生産開始のセンサー生産会社と電源生産会社とを2004年に統合設立したものである。設計(制御機器)から生産、アフターサービスまでの一連の機能を保有しているところに特徴がある。
  • 見える化による経営管理と従業員全員への意識合わせ
  • 現在の取り組みとして、ハイテク企業として中国国内で認定されている他、制御システムの研究開発や技術コンサルティングまでも提供している。また、昨今の中国における人件費高騰や労働人口の減少、消費の多様化傾向などの課題解決を進めながら、世界品質・超柔軟性・超生産性を兼ね備えた生産を実現すべく活動を推進している。

■視察ポイント

  • オムロン上海の成り立ちとして生産再編で7工場から生産移管を受けています。各工場の生産技術者などから支援を受け立ち上げたものの、各移管元の色が出てしまい内部で統一していかないことには効率的な運用ができない状態でした。ここから、標準の見直しを行い、生産の仕組みから建屋・フロアのレイアウトを含めたところまで標準化を推進しています。
  • 工場全体のマネジメントで、重視されているものが品質である。創業者である立石氏の言葉であり「品質第一」が活動の判断基準の根底から “不良が作れないライン”を実際の現場から学びとることができます。
①主要事業 :
制御機器(工場自動化用ロボット、PLC、温度調節器、センサー、タイマ・カウンター、電源など22,000点
②設立年月日:
2005年7月15日
③従業員数 :
2,708名
④所在地  :
中国(上海)自由貿易試験区金吉路 789号

(3)ダイキン工業/大金空調(上海)
2014 ファクトリーマネジメント賞 受賞

■受賞ポイント

  • 現地メンバー自立化のために、「士気」を向上させることを最重視して推進
  • 事業戦略と一体化した工場革新として、年間1,000品種の新製品投入を効率的に実現できる、多品種混合生産方式を構築
  • 製・販・研が連携した工場革新の推進(Design Review、品質管理、生産管理など)
  • 実務的な人材育成の仕組み
    (一例として、技術学校と提携して「大金クラス」を開設し、そこへ講師を派遣することで、就業前に良い人材を早期に育成するなど)

■視察ポイント

  • 昨今の中国市場では、地域別、客層別と市場ニーズが多様化。
    大金中国R&Dセンターを設立し、新機種開発の短縮と市場ニーズの早期製品化に取組そのために開発したものを効率よく生産するためロット生産から多品種混合生産。
  • 受賞当時よりさらに製造効率向上のため自動化やロボットを投入し小人化を図っている現在を学ぶことができます。
①主要事業 :
家庭用・業務用空調機、および関連製品の製造
②設立年月日:
1995年
③従業員数 :
2,891名
④所在地  :
上海市莘庄工業区申富路318-398号

(4)ダイキン工業/大金機電設備(蘇州)
2017 ファクトリーマネジメント賞 受賞

■受賞ポイント

  • 立ち上げ当初から経営のローカルを志向し活動
  • 見える化による経営管理と従業員全員への意識合わせ
  • 現地人材への階層別人材育成の実施と技能向上
  • 現地人材が主体となった生産現場・サプライチェーンの強化
  • 従業員の定着化への取組み

■視察ポイント

  • マネジメントの方法も試行錯誤しつつ、ファクトリーマネジメントのスタイルを確立しています。その中では、失敗をとがめないことで継続的挑戦を行うことや、従業員の思いを尊重し考えさせ、思い切ってやらせることなど、中国の特性を活かして独自のマネジメントスタイルを構築しています。
  • 結果として、ローカル主体で重要キーデバイスである圧縮機や制御基板の生産を取り込み、これらのデバイスのグローバル供給拠点として成長させることを実現し、現在では、現地化がより進展しています。
①主要事業 :
圧縮機およびその関連製品の開発・製造
②設立年月日:
2003年11月18日
③従業員数 :
2,139名
④所在地  :
江蘇省蘇州市工業園区長陽街256号

(5)パナソニック アプライアンス社/無錫松下冷機有限公司
2016ものづくり人材育成貢献賞 受賞

■受賞ポイント

  • 当初、経営的には赤字の中、その要因として、従業員の定着率の低さやモラル/職務に対する意識の低さがあり、この赤字脱出の課題として「現地人の人財育成」という長期的な施策を設定し、粘り強く取り組み、結果的に継続的なイノベーションを生み、実務的な成果(黒字)を出している。
  • 「モノをつくる前に人をつくる」という松下幸之助の言葉をDNAとし、現地に即した階層別教育体系を構築したこと。その一環として「製造学校」を設立し、中国人が主導でキーマンとなる人財を育成し、ローカルがローカルを教えるという人材育成の「現地化」を行った。特に現地人材が人財育成に先生として主体的に関与し、「他者を教えることで自ら成長する」という独自性のある良い循環の仕掛けを構築した。
  • 育成された人財がイノベーション活動に取組み、Q・C・Dなどの工場ロスの低減を行っていること。特に改善が継続的に行われる仕組みとして、日次・週次・月次でのサイクルを回すことを行い継続性の担保をしている。日次サイクルについては、関係各部門が集まり、その日の問題はその日に決着をつけるスピーディーな活動が現場で行われており、現場の力も確実についている。

■視察ポイント

  • 2015年4月にアプライアンス中国を設立、家電に関する商品企画、デザイン、開発、製造、販売を一貫して対応できる体制を構築。自社の生活研究所との連携により現地ニーズをいち早く掴み、変化のスピードの速い中国市場での対応を可能とし、現地化を推進しています。
  • 人財育成を重点として活動を行い、中国現地ローカルメンバーのキーマンを育成、そして、現地の社員教育も充実することで業績も向上していった。通常難しいとされている現地人をキーマンにした人財育成を製造学校の仕組みが貢献しています。
①主要事業 :
中国国内向け家庭用冷蔵庫の開発・生産、日本、欧州向け家庭用冷蔵庫の生産
②設立年月日:
1995年7月
③従業員数 :
832名
④所在地  :
江蘇省無錫市錫新一路1号

※掲載の従業員数については受賞当時

旅行手配

企画中