2019年度J-EXCEED

【第1期】アメリカ西海岸ルート
ロサンゼルス・サンフランシスコ(シリコンバレー)

J-EXCEEDとは

全国からの参加者との異業種交流自己の内省、海外の現場の視察を通して、多様性を認識し、短期間でのチームビルディングと合意形成創発的思考を経験することで、組織に貢献できる人材を育成する体験型研修です。

第1期 アメリカ西海岸ルート
ロサンゼルス・サンフランシスコ(シリコンバレー)

日程: 2019年7月3日(水)~11日(木)【9日間】
国(都市): アメリカ(ロサンゼルス、サンフランシスコ)
寄港地: エンセナダ
成田空港 ロサンゼルス出港 エンセナダ寄港 ロサンゼルス帰港 サンフランシスコ 成田空港
研修ルート: 船上研修は2コースから選択

  • イノベーションのためのデザイン・シンキングコース
  • リーダシップコース ~部下・後輩の自発性と相違の生産性を高める
旅行企画・手配: 〒103-0025 
東京都中央区日本橋茅場町2-10-5 住友生命茅場町ビル2階
東武トップツアーズ株式会社 
東京法人東事業部 第2営業部
担当:白瀬 智一
TEL:03-6667-0592 FAX:03-6667-0564
E-mail:tomokazu_shirase@tobutoptours.co.jp

Aコース:イノベーションのためのデザイン・シンキングコース

対 象

  • 新事業、新製品、新サービスの創出部署のリーダー~管理職まで
    ※研究開発、経営企画、商品企画、マーケティングなど

ねらい

VUCAと呼ばれる不確実性の高い環境において、イノベーションを起こすために不可欠とされる集団的思考法「デザイン・シンキング」のプロセスを体系的に学び、実践します。また、感度の高い他のメンバーとの交流やシリコンバレーの企業講演・視察なども通じて、新しい価値を創造できる思考体質へと変化していただくことをねらいとしています。

企業訪問

SAP Palo Alto Labs、PARC(Palo Alto Research Center)、d.school 他、計5~6社(講演含む)
※過去訪問(講演)実績:IDEO、SAP Palo Alto Labs、AMAZON、d.school、Eight INC. 、WiL 他

講 師

石黒 猛
石黒猛事務所 代表(元IDEO社)

1995年にロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科修了。
1996年に米IDEO社に入社。同サンフランシスコ事務所に勤務し、広くプロダクトデザイン、戦略に携わる。
1999年同社東京事務所に転勤し、2001年退社。2002年から個人で活動を開始し、プロダクト、アート、舞台演出など多岐にわたり活動中。
「Rice Salt & Pepper shaker」加湿器「Chimney」は、ニューヨーク近代美術館 (MoMA) に永久保存されている。

Bコース:リーダシップコース ~部下・後輩の自発性と相違の生産性を高める

対 象

  • 組織の基幹(コア)となるリーダー・管理職層(部長職まで)

ねらい

人、組織、企業の価値や魅力は「内部のブランディングを高めて、知らせる」から「外部の人々からの共感」によってのみ得られる、ということに変化しています。共感された価値や魅力には「自発的に人を動かし」「人がもつ可能性や強みを最大にすることができる」効果があります。
組織においても、自身のマネージメントが人に与える影響(= Branding)から、人から共感(= Belonging)を得ることで、部下・後輩の自発性を高め、組織の生産性を向上していきます。本コースでは「共感を生み出すリーダーシップ」を学んでいきます。

※日本語での研修になります。

講 師

セツ・マカリスター
McAllister Idea Lab. CEO

アメリカではスポーツブランド大手にてデザイナーとして、また、日本では国際的な野外体験学習のインストラクター、英会話教師、アートディレクターなど多岐に渡って従事し、現在は企業/組織のブランディング、マーケティング、リーダーシップを得意分野としたコンサルタント、ファシリテーターとして活躍している。
アメリカ西海岸の成功している企業、イノベーションを起こしている企業、そしてリーダー達が「共感によって人々を動かし、自社(者)の価値創造していること」に着目した研修コンテンツを開発、日本へ持ってきた第一人者。

※カリキュラム・視察先は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

申込締切:2019年5月10日(金)

費用

Aコース 【会 員】130万円/人
【会員外】150万円/人
Bコース 【会 員】65万円/人
【会員外】71万円/人