Silicon Valley – New Japan Summit 公式プログラム – 日本能率協会公式視察団
Silicon Valley - New Japan Summit公式プログラム

日 程:2018年11月4日(日)~11日9日(土)
5泊7日(7日間)

シリコンバレーとの連携を探究する

日本能率協会では産業界活性化事業の一環として、30年以上にわたり各国への視察団を主催しています。

このたびJMA事務局では、「Silicon Valley - New Japan Summit公式プログラム」を開催することになりました。
シリコンバレーと日本をつなぐオープンイノベーションサミット「Silicon Valley - New Japan Summit」に参加、
現地企業訪問および有識者による講演を実施します。

現地スタートアップと日本企業の連携事例や各社ピッチを直接確認し、
自社の業種や方向性にマッチする協業やシリコンバレー活用について模索できます。

「Silicon Valley - New Japan Summit」2017シリコンバレー 実績

■2017年11月28・29日、 日本企業のコラボレーションを目的にスタンフォード大学にて招待制サミットとして開催。今年で2年目の開催となる。

■500名の日米企業(日本企業300名、シリコンバレースタートアップ200名)が参加した。シリコンバレーで開催される日系イベントとしては今年の最大規模である。

■シリコンバレーで活躍する48名のスピーカーが登壇。日本企業からはホンダ、コマツ、パナソニック、ヤマハ発動機、ソフトバンクなどの登壇者がシリコンバレー活用事例を語った。また、日本展開を狙う有望なシリコンバレースタートアップ30社によるプレゼンテーションも開催した。

■29日午後に行われた商談セッションでは、65社のスタートアップがブースを出展。500件超の商談(事前商談予約230件)が行われた。今後も日米企業のコラボレーションを継続的に推進していくべく、サミットの継続的な開催と、サミット以外のコラボレーションの仕掛けをつくっていく予定。

「Silicon Valley - New Japan Summit」2018  詳細はこちら

今年も日米2カ所で開催

東京(プレイベント)
2018年6月21日

― 最先端イノベーションを知る ―

シリコンバレーで活躍するスピーカーを招いて、トークセッションとネットワーキングパーティーを開催。午後からの半日開催を予定しています。

シリコンバレー
2018年11月5日・6日

― 最先端イノベーションを実践する ―

シリコンバレーの中心的存在であるスタンフォード大学にて、2日間にわたって開催。トークセッション、ネットワーキングパーティーに加え、現地スタートアップ60社のブースで商談が可能。

日本企業と米スタートアップが
出会いコラボレーションを生み出す場

日米コラボレーションに特化

「米国と日本企業のコラボレーション」に特化したBtoBイベント

有望スタートアップとの商談

アジア展開が現実的なシリーズB以降の有望スタートアップが参加

招待参加者とのネットワーキング

招待有料制として開催することで、イベントのクオリティを担保

【無料講演レポート】「シリコンバレー発テクノロジーの新潮流 日本企業はどうする?」

Silicon Valley – New Japan Summit 2017 Silicon Valleyを主催しているスタンフォード大学 櫛田氏の講演プレゼン資料および講演録を希望者へプレゼントいたします。

ダウンロードはこちらから